世界を変えるための17の目標 宇部SDGsクラブ

Blog

宇部SDGsBlog

2019.10.31

SDGsワークショップを開催しました(10月26日)

10月26日(土曜日)、「ゲームで学ぶSDGsワークショップ」を開催しました。

山口大学工学部の前田 稜汰 氏を講師に迎え、貿易シュミレーションゲームを通じて、楽しみながら持続可能な未来について学び、考えるワークショップです。

貿易シュミレーションゲームは、グループを先進国、発展途上国に見立て、あえて偏りのある状態で与えられた紙(資源)や道具(技術)を使って製品を作り、それをお金にしてできるだけ多くの富を得ることを競うゲーム。資源や技術は交渉により交換等が可能。最初は動きが少なかった参加者の皆さんでしたが、ゲームが進むにつれ、生産性を高めるため、活発に交渉を行いはじめ、やり取りの中で様々な気付きを得ている様子がうかがえました。

各グループとも、初期条件や交渉の結果としての「富」の偏りを見て、世界の経済の難しさや格差について、体験的に認識し、学ぶことができたようです。参加者の皆さんの感想も、「楽しくSDGsの意味を知ることができた。」「SDGsを学ぶ良いきっかけとなった。」等、好評でした。

次回のワークショップは12月7日(土曜日)、小学校4年生~6年生とその保護者の方を対象に、「SDGsで描く、私たちの将来の夢」と題して行います。皆様方のご参加をお待ちしています。

   

ページ上部へ戻る ©2019 Ube SDGs Promotion Center. All rights reserved.